ビジネスを加速させたい企業様へ贈る『最強のマーケティング3日間講座』

ビジネスを加速させたい企業様へ贈る『最強のマーケティング3日間講座』

ビジネスをさらに加速させたい企業様へ
『セールスファネルの整理』『ブランディング強化』『マーケティング徹底解析』
3つの視点で全248ページを駆け抜ける、3日間の最強講座をお届けします。

詳細はこちら >>>

今、あなたの組織が成長していないとしたら、それは何故でしょうか。
次の2つの理由があると考えられます。

ひとつめの理由は、経営者であるあなたが、「本質的なマーケティング」を体系的に学んでいないからです。

そして、2つ目は、それを実現できるチーム(マーケティング組織)を作ろうとしていないからです。
経営者である「あなたの頭中身」を部下が体系的に理解できていないので、
飛躍的な事業成長を実現できないまま、停滞してしまっていることが多いのです。

①あなたが「マーケティングの本質」を理解すること
②そしてチームメンバーが分かるように自社のマーケティングを言語化をすること
これらを実行し、「あなたの考えを理解できる組織」を作った瞬間から、会社は飛躍的に成長を始めます。

 

伸びている会社の経営者は、必ずと言ってよいほど、「販売戦略や広告宣伝にクチを出す」ものです。

そして、マーケティングの新しいアイデアを生み出して、受注を飛躍的に伸ばしています。

松下幸之助氏は、看板やチラシのコピーに至るまで、クチだししていましたし、
本田宗一郎氏は、周りから反対されても世界のカーレースに進出することで、
HONDAのブランドを世界に知らしめるマーケティングをしかけました。

成果のあがる強い組織を作るには、経営者が自ら「マーケティングにクチを出す」ということです。
孫さんもソフトバンクのテレビCMにクチを出し、白戸家のアイデアを打ち出しました。
柳井さんに至っては、ユニクロの店舗に行って、そのチラシをチェックし、そのコピーにまでクチを出していたのです。
スティーヴ・ジョブスもマイクロソフトのビル・ゲイツも同様に現場に足を運んで、マーケティングにクチを出していたことで有名です。

つまり、経営者としての仕事のひとつに、「マーケティング」を組み込むということです。
販売を伸ばす、作戦を経営者自ら考える、ということです。

とは言え、コピーライティングしたり、デザインしたり、今からインターネットマーケティングを学んでください、という話ではありません。
本質的なマーケティング、その「根本」となる最低限の「原理・原則」を手にして欲しい、ということです。

以下の図をご覧ください。あなたがすべきことは、実務をする(手を動かす)ことではありません。
マーケティングディレクターとしてプロジェクト全体の方向性を明確にすること。チームを勝利に導く指示だしをすることです。

そのためにマーケティングの正しい理解と、大量の成功事例を学ぶ必要があるでしょう。

これからの時代のマーケティングにインターネットが欠かせないことは、誰もが理解できていると思います。

しかし、インターネットの世界では、FacebookやInstagramなど、
新しいツールや手法がどんどん生まれ、そして更に進化を続けているので、ついていくのが大変です。
それをひとりで理解し、全てに対応するには、あまりに時代の変化は早すぎます。
あなたが最新のSNSの広告メニューやトレンドを全て理解しておくことは現実的ではありません。

経営者であるあなたが、マーケティングをする上で、あなたの会社のビジネスの本質を理解することです。

その本質とは以下の5つです。

販売促進4つの領域
1. 戦略を構想する
2. 戦術で前に進む
3. 宣伝で広げる
4. 体験を設計する

新しいマーケティングの哲学
5. PME(Philosophy of Moral Engagement)
モラルエンゲージメントの哲学

あなたの会社は違うと思いますが、もし「売上があがればお客さまがどうなってもいい」
と思っているとしたら、我々がお伝えするマーケティングは合わないと思います。

しかし、お客さまのことが大好きで、お客さまにもっと幸せになって欲しい、
と思っているとしたら、我々の「5ステップマーケティング」で、
売上をあげながら、お客さまにも愛される理想的なマーケティングをシステム的に導入することが可能になります。

このセミナーでお伝えすることは、世界トップクラス、本物、本質的なマーケティングです。
これら5つのマーケティングの本質について、具体的な事例を交えた演習で本質的で実践的な方法を学べます。

続きの記事・詳細はこちら >>>

 

最近のお知らせ

TOP